旅の宿

■ インド
   レート:1INR=2.6円 (2002年11月)
    バラナシ
名称 Kumiko House
住所 D24/26 Pandey Ghat
電話 (0542)450308
料金 ドミトリー 30INR
内容 世界に数ある日本人宿のなかでも、ここほど「伝説の」という形容詞が似合う宿はない。オーナーは日本人の久美子さんと、そのご主人のシャンティさん。チェックイン時にシャンティさんからバラナシの街に滞在する上での注意事項を長々と聞かされるが、それを守っている宿泊客は皆無。トイレ・シャワーは共同。男女共同のドミトリーはインドの中でも最高(最低?)の汚さ。屋上は眺めが素晴らしいが、たまに野猿が干してある洗濯物を持ち去ることがある。決められた時間に宿にいるときは朝食や夕食(各25ルピー)に参加でき、ときどき本物の日本食が出る。宿泊客は病人とガンジャ愛好者が多い。

    コルカタ
名称 Centerpoint Guest House
住所 20 Mirza Ghalib St
電話 (033)2522867
料金 ドミトリー 75INR
内容 ドミトリーはトイレ(水洗)・シャワーも含めて男女別になっている。各ベッドにはカギのかけられるロッカーが付いている。屋上にはレストランが併設されていて日本食も注文できるが、時間がかかり過ぎるうえにマズイ。ウォーター・クーラーがあるので内臓に自信がある人はミネラル・ウォーターを買う必要がなくなる。1階の両替商はレートも良く、オススメ。有料のランドリー・サービスあり。宿泊客はバングラデシュ人、韓国人の比率が高い。
→宿の写真を見る

    デリー
名称 Bright Guest House
住所 Main Bazaar
電話
料金 ツイン 80INR
内容 東西に長いメイン・バザールで、ニュー・デリー駅に近いところに位置する宿。トイレ・シャワーは共同。特筆すべき点もないし、日本人バックパッカーも決して多くないが、「部屋の外(中庭)で堂々とガンジャを吸っていても、絶対に通報されない。」という、マリファナ愛好者とオーナーが固い信頼(?)で結ばれている宿。ツインでこの値段は安いと思うけど、部屋もそれなり。
→宿の写真を見る

    アムリトサル
名称 Sri Guru Ram Dass Niwas
住所 ゴールデン・テンプル前
電話
料金 無料
内容 アムリトサル駅(もしくはバスターミナル)からオート・リキシャーで20ルピーくらい。ここはシーク教の聖地ゴールデン・テンプルの巡礼宿である。巡礼宿にもかかわらず外国人旅行者も無料でドミトリーに泊まれる。デポジットが必要という情報もあるが、僕が滞在しているときには必要なかった。共同だけどトイレとシャワーもある。目の前にある黄金寺院ではルールを守れば(髪を隠す、裸足になる等。)食事が何度でも無料なので(ただし、ターリーのみ)、ここに滞在している限りお金を使わなくてすむ。なおシーク教の戒律により、タバコは厳禁。
→宿の写真を見る
■ パキスタン
   レート:1PKR=2.0円 (2002年12月)
    ラホール
名称 Regal Internet Inn
住所 Near Regal Cinema 65, The Mall Rd
電話 (042)7311987
料金 ドミトリー 125PKR
内容 「地球の歩き方」「旅行人ノート」あるいは「Lonely Planet」にも掲載されていないのに、宿泊しているのは外国人バックパッカーばかりという稀有な宿。理由は泥棒宿が多いというラホールで、「この宿だけは安全。」という情報がバックパッカーの間で口コミで広がったからである。場所はマール・ロード(ラホール・シティ駅から3番の市バスで4ルピー)沿いのリーガル映画館の横に建っている雑居ビルの中。ドミトリーにはベッドがなく、雑魚寝スタイル。シャワーは共同だが、お湯が出る。共同スペースにはキッチンと冷蔵庫があり、自炊可。名前のとおりインターネットもできるが、料金高いので近くの中央郵便局を利用したほうがいい。(1時間15ルピー、要パスポート)情報ノートあり。
→宿の写真を見る

    ペシャワール
名称 Tourists Inn Motel
住所 Near G.T.S. stand, 6 Sadder Rd
電話 (061)21925
料金 ツイン 250PKRを二人でシェア(ひとり125PKR)
内容 新市街にあり、ペシャワール・カントメント駅から歩ける。トイレ・シャワー(お湯が出る)は共同。とにかく評判の良くない宿。外出中にドミトリーに置いていたバックパックから数百ドルを盗まれた日本人旅行者や、宿の入口でピストル強盗に遭った旅行者もいる。宿と地元警察がグルになっているので、絶対に犯人は捕まらないというウワサも・・・。情報ノートは宿のオーナーが処分したらしい。そんな宿にもかかわらず客が途絶えないのは、トライバルエリア(部族地区)へのツアーを手配していることと、レアな情報を持つ筋金入りのバックパッカーが多く集まるから。
→宿の写真を見る

    クエッタ
名称 Azad Muslim Hotel
住所 Jinnah Rd
電話 (081)824269
料金 ツイン 120PKRを二人でシェア(ひとり60PKR)
内容 長距離バスターミナルのある旧市街からは遠いが、新市街のクエッタ駅からは歩いて行ける距離にある。部屋はトイレ・シャワー付きだが、お湯は決められた時間にしか出ない。部屋に暖房設備がないので、高地のクエッタでは、冬はツライ。そんなときは暖房の効いている併設のレストラン(暖房アリ)でチャイを飲むとよい。受付ではタフタン(パキスタン・イラン国境)行きのバス・チケットを手配してくれる。情報ノートあり。
→宿の写真を見る
東アジアの宿へ   中東の宿へ 

トップ 旅行記 写真集 旅の壁紙 旅のルート 旅の読書