旅の宿

■ イラン
   レート:1,000IRR=15円 (2002年12月)
    バム
名称 Akbar Tourist Guest House
住所 Kh.Seyyed Jamloddin
電話 (0344)5842
料金 ドミトリー 25000IRR
内容 バムの最大の見所はアルゲ・バム遺跡。その遺跡までなんとか歩いて行ける場所にある。入口の門はいつも閉まっているので、ブザーを鳴らす。部屋でタバコが吸えないのが(中庭で吸える)難点だが、お湯のシャワー(共同)はありがたい。あとオーナーのアクバルさんは英語が話せるうえにとっても親切。フロント(?)にはテレビがあって海外の放送が見れたり、情報ノートが読めたり、頼めば有料で食事も出してくれる。と、ここまで書いてきたけど、2003年12月に起こったイラン南東部地震でココがどうなってしまったのかは不明・・・。
→宿の写真を見る

    ケルマーン
名称 Akhavan
住所 Kh.Ayat-ol lah Sadughi
電話 (0341)41411
料金 ツイン 13ドルを二人でシェア
内容 旅行記36話でも取り上げた、いわゆる「ホテル」。最初、ツインルームで1泊20ドルと言われたのを、長時間の交渉の末に上記価格まで持ち込んだ。部屋の写真を見てもらえればわかることだが、20ドルというのは決して不当な値段ではない。おまけに空港・ホテル間の送迎なんていうサービスまであったりして、ようするに本来バックパッカーが泊まる宿ではないのだが、他の安宿でことごとく宿泊拒否されたので、仕方なく1泊だけした。メイダーネからはやや遠い。
→宿の写真を見る

    シーラーズ
名称 Darya
住所 Kh.Piruzi
電話
料金 ツイン 40000IRRを二人でシェア
内容 メイダーネからすぐ近く、繁華街の中にある。ここも頑張って値切った宿。隣に「エスファハン」という宿があるので、そこを引き合いに出してあざとく値引いた。僕達が宿泊したツインルームはシャワー付き(お湯が出る)だったが、それでこの値段は安いと思う。でも、それ以外に特筆する点はない。
→宿の写真を見る

    エスファハン
名称 Amir Kabir Hostel
住所 Kh.Chahar Bagh-e Payin
電話 (0311)2227273
料金 ドミトリー 25000IRR
内容 バックパッカーの間ではかなり有名な宿。トイレ・シャワーは共同だが、お湯が出る。また、ランドリーサービスやチャイを飲ませてくれるサービス(どちらも有料)がある。あとインターネットもあり、その料金は年々下がっている。(僕が滞在していたときで、1時間10,000リヤール)情報ノートあり。あと、どうでもいいことだけど宿からハガキが出せたりもする。どうでもいいことついでに、盗難とか覗きとかもあるというウワサ。
→宿の写真を見る

    テヘラン
名称 Mashhad
住所 Kh.Amir Kabir
電話 (021)3113062
料金 ドミトリー 25000IRR
内容 ここも有名なバックパッカー宿。だけど、旅行者だけでなくイランの地方から出稼ぎで首都にやってきた人が宿泊していることも多い。インターネット(1時間8,000リヤール)もできるけど、PCが1台しかないので順番待ちに時間がかかる。あとレストランもどきのフロアがあって、チャイやコーヒーといった飲料だけでなく、オムレツなどの軽食も注文できる。トイレ・シャワー共同。なお周辺の治安は悪く、強盗にあって大怪我させられた旅行者もいる。地下鉄エマームホメイニー駅から歩いて行ける。

    ラシュト
名称 Fars
住所 ?
電話 ?
料金 シングル 25000IRR
内容 メイダーネのすぐ近くにある宿。僕が泊まった部屋はこの宿で一番安かったらしいのだが、そのためかヒドイ部屋を割り当てられた。トイレ・シャワー共同なのは仕方ないにしても、ベッドが無いうえに部屋の広さが2畳くらいしかないのには正直参った。宿の従業員は英語が全くできない。
→宿の写真を見る

    タブリーズ
名称 Guest House Daria
住所 Kh.Sargod-e Mohagheghi
電話 (0411)5540008
料金 ツイン 24000IRR
内容 トイレ・シャワー共同のツインルームに一人分の料金で泊まる。外国人バックパッカーには有名な宿らしいのだが、時期のせいか泊り客は僕だけだった。そのせいでオーナーのハナシ相手にさせられたが、英語ができたので退屈しなかったし、タブリーズの街について質問すると、たいていの事は教えてくれた。(あと、チャイも飲ませてくれた。)宿はけっこう高い建物で、屋上からの眺めが良い。
→宿の写真を見る

    マークー
名称 Delgosha
住所 Kh.Emam
電話 (0462)23623
料金 シングル 19000IRR
内容 地元の人に「マークーで一番安い」と、言われた宿。トイレ・シャワー共同なのだが、冬の寒さで水が凍りつき、どちらも使用不可だった。でも従業員のオッサンはとても親切。部屋に暖房が無く、「寒いよー」と言ったら、石油ストーブを貸してくれた。あと、フロントにいるときはよくチャイを飲ませてくれた。しかもタダで。ちなみにタブリーズに続いて、ここでも「今、客はアンタだけだよ」と、言われた。
→宿の写真を見る
■ トルコ
   レート:1,000,000TRL=74円 (2003年1月)
    ドウバヤズット
名称 Suruhan
住所 Carsi Cad
電話 (0472)3122397
料金 ドミトリー 3,000,000TRL
内容 イランで知り合ったドイツ人バックパッカーに教えてもらった宿。お湯は出ないし、ストーブが石炭式で決まった時間しか使えないとか、あんまり良いところの無い宿なのだが、従業員が親切なうえに部屋代が安いのが最大のアピールポイントか。旅行者が残していった本が沢山あって、頼めば交換してくれる。
→宿の写真を見る

    ワン
名称 Aslan
住所 Omer Camii Karsisi
電話 (0432)2162469
料金 シングル 8,000,000TRL
内容 東部トルコにしては少し高め。周りにはもっと安い宿があったのだが、どうしてもお湯の出るシャワーに入りたくてちょっと贅沢した。(この時点で10日ぐらいシャワーに入っていなかった)メイダーネから近いので、周りになんでもある。暖房完備。ちなみに部屋に電話がついていたのは、この旅で初めてだったと思う。なお、英語は全く通じない。
→宿の写真を見る

    エルズルム
名称 Ari
住所 Ayazpasa Cad 18
電話 (0442)2183141
料金 シングル 7,000,000TRL
内容 トイレ・シャワー共同。困った・・・他に書くことが思いつかないほど、平凡な宿。従業員が少し英語を話せる、ぐらいしか覚えていない。
→宿の写真を見る

    トラブゾン
名称 Hotel Eruzurum
住所
電話
料金 シングル 7,000,000TRL
内容 シェヒルメルケジ周辺の宿を沢山当たったが、ここが一番安かったので宿泊を決めた。トイレ・シャワー共同だけど、お湯は出る。運が良ければ同じ値段でトイレ付きの部屋を割り当てられることもある。宿には洗濯物が干せるベランダとか、部屋にはテレビとか、ロビーには売春婦(?)とか、いろいろ揃っているけど、何故か僕の部屋には窓が無かった。
→宿の写真を見る

    サムスン
名称 Divan otel
住所 Necipbey Cad. Meserret Sk. No.20
電話 (0362)4313671
料金 シングル 8,000,000TRL
内容 僕のガイドブックにサムスンのページが全く無かったために、シェヒルメルケジをかたっぱしから探してみつけた宿。サムスンは大都市だが、観光地じゃないので、ビジネスマン向けの宿ばっかりで、バックパッカー向けの安い宿は少ない。そんな中で唯一、ディスカウントに応じてくれた宿である。シングルはすごく狭いけど、シャワー付き。なお、ロビーでテレビが見放題。目の前が定食屋なので便利。
→宿の写真を見る

    サフランボル
名称 BASTONCU PANSIYON
住所 Kaymakamlar Evi Muzesi Alti
電話 (0370)7123411
料金 ドミトリー 15,000,000TRL(2食付き)
内容 こちらはいわゆる民宿。オーナーの日本人旅行者や韓国人旅行者が多い。確かインターネットもできたはず。情報ノートはあるにはあるが、ほとんどゲストブックと化している。サイドビジネスで土産物を販売しているのだが、宿の娘(美人)に「お土産買ってよー」と、言われて、つい買ってしまう旅行者が後を絶えない。あと、息子もいるけどこちらは生意気盛りの年頃で、あしらうのに苦労する。アットホームな宿に泊まりたい人にはオススメ。そうでなければ、有名観光地なので他にもっと安い宿がある。
→宿の写真を見る

    イスタンブール
名称 Tree of life
住所 Boyasi Ahmet Sok. No.3 Cemberlitas
電話 (212)5184129
料金 ドミトリー 5ドル
内容 トラムのチェンベリルタシュ駅に近い場所にある、あまりにも有名な日本人宿。たいていの場合、長期滞在者が管理人を代行している。部屋はドミトリー(男女別)しかないが、ホットシャワー・水洗トイレ・エアコン付きと、全く申し分ない。談話室はキッチン付きで自炊可。食器や調理道具も揃っている。インターネットもできるし、情報ノートはもちろん、日本語のマンガが多数揃っていたりするので、つい沈没してしまうバックパッカーも多い。宿代はドルで表記したが、5ドル相当のトルコリラでも支払える。僕が行ったときは空きがあったが、予約をしないと泊まれないこともある人気の宿。
→宿の写真を見る
南アジアの宿へ  ヨーロッパの宿へ

トップ 旅行記 写真集 旅の壁紙 旅のルート 旅の読書